出産 内祝いみ

ビル

出産後の内祝いについて

赤ちゃんの誕生を祝って頂いた方に、感謝の気持ちをお返しするのが内祝いです。
しかし本来の意味は内輪のお祝いとして、親しい人や身内の間で喜びを分かち合うためのもので、内祝いはお祝いを貰わなかった人にも贈る物でした。
現代では、お祝いを頂いた方にお返しとして贈るのが一般的な内祝いとなっています。
お返しをする時期は出産後一ヶ月後、お宮参りの頃に赤ちゃんの名前で品物を贈ります。
内祝いの予算は頂いたお祝いの半額が目安になります。
品物によっては金額が分かりにくい物もありますが、おおよその金額でかまいません。
金額にこだわらず全員に一律の一律の品物を贈ることもあります。
目上の方からお祝いを頂いた場合は、高価な物をお返しすると逆に失礼にあたるので、三分の一程度の品物が贈られます。