出産 内祝いみ

ビル

出産の内祝いのマナー

出産の内祝いとは、もともとお世話になっている人にお礼の品として送っていたものです。
現在では、出産祝いのお返しという意味が強くなっています。
内祝いの贈り方には、地域によって細かく風習があるところもありますが、厳密な基準というものはありませんが、正式には、贈る時期はお宮参りを行なう産後一ヶ月後くらいが目安となっています。
また、のしは紅白の蝶結びを使用し、水引の上に内祝いと書きます。
下には子供の名前を書き、生まれた子供の名前のお披露目をするという意味があります。
贈る品の金額の相場はだいたいもらった品物の半額から3分の1とも言われていますが、あくまで目安であり、人によって贈り物の価格がまちまちであることもありますが、まとめてギフトを選んでしまっても構いません。